スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
bottom 223
2009 / 10 / 05 ( Mon )
10/4 Chelsea 2-0 Liverpool

力負け、位負けでしたね・・・・。
層の厚さに加え、監督がコロコロ変わっても選手間はよく統率がとれ、不安要素のない(ツェフが出停でも)チェルシーと、いまだ迷いのあるレッズでは当然の結果だったような気がします。
フォーメーションや戦略については今回も疑問があるものの、ベニテスのプランはよく判るし、選手たちも個々よくやっていたんじゃないでしょうか。
レッズのベンチが豪華だと感じたのも初めてだったし。

しかし緊張感のある流れの中で、一瞬生まれるミスをチェルシー側が見逃さず、すかさず連携の良さでもって得点につなげてゴール!
ホームゲームではありますが、彼らのサッカーは素晴らしく、これが逆の立場だったら、ものすごい充実感を味わえたゲーム内容だったと思います。
(ドログバはあれさえなきゃねー。手放しで称賛したい選手なのに。テリーが何て言ってたのか聞きたい。やっぱり「ここ英国でそんなマネはよせ」か?(゚ω゚ ))
チェルシーはテリーとランパードを尊重できる監督ならあれだけの選手がそろってるんだし、大過なくやっていけるんじゃないでしょうか?
あとは油さんと仲良くやる社交術。


惜しい試合だった、運が悪かったというのとは全く別の悔しさで昨夜は朝方まで眠れませんでした。結局、現在のレッズの持てる力を出しきってもチェルシー相手に出来るのはここまで、という頭打ちの事実が悔しいんですよ!
最初からジェラードを底に、ベナユンをトップ下にしたとしても勝てたかどうか。
昨季は格下相手に勝ちきれず、大物食いを演じましたが、今季はまったく逆ですね。
格下、中堅、上位チームと一通り当たって、次の打つ手が欲しいところだよ、ラファ。
アクイラーニの復帰を待ってたら手遅れになってしまう。

まったくね、一からチーム作りをするハメになるとは思いませんでしたよ。
もう言うまいとは思うものの、アロンソ・・・何故出て行ったんだ。
あんなに息の合ったチームメイトがいても出たかったというのがキツい。
完璧なパズルのワンピースだったのに・・・。
監督はこのまま続投してほしいとは思ってますが、優秀な選手の慰留とモチベーションアップ、このへんもうちょっと上手くやってくれたら良いのになあ、とゴールが決まってもニコリともしない彼の顔を見つつ憎たらしくなってしまいます。いい選手を手放しすぎですよ。
しかしいくらヘアスタイルがアダルトでも、ベニテスはまだ49歳。
長所をひっくり返されるとたちどころに欠点をさらしてしまう応用の利かなさがまだまだ爺には及ばないところか・・・・。
くーーっ悔しいっ!!
これから代表ウィークを挟んでリーグは2週間のお休み。
こんな気分で過ごさなければならないなんてなあ・・・。
それが明ければサンダランド、マンU、フラムと厳しい相手が続く。
ともかくも代表でケガせず、元気に帰ってこいよー!(*`д´*) 


スポンサーサイト
22 : 24 : 45 | 蹴球 | コメント(0) | page top↑
<<bottom 224 | ホーム | bottom 222>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。