スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
bottom 177
2009 / 04 / 13 ( Mon )
4/11 Liverpool 4-0 Blackburn

377.jpg

先日の悪夢をキレイに振り払う、誰もが見たかったゲームに
なりました!
ホームで1-3の大敗に加えて、ジェラードの負傷という障害が
またも立ちはだかって、これが最後の壁であって欲しいと本当に
思います。



376.jpg
1点目、ものすごいスーパーなゴールでした!
開始4分、あんなシュートが出るとは・・・やっぱスゴイわ、トーレス。
ヒルズボロの犠牲者に捧げてくれてましたね。

2点目が入ってもまだまだ納得できなかったので(現地ファンも
そう思ってるのがよく伝わってきて、こういう気分のシンクロはいつも
面白く思う)、後半に3点目が決まったときはようやくホッとしました。
でもまさかアッガーのミドルになるとは!
ベンチを強いられている鬱屈や契約延長の不安に対する、強烈な
アピールになったと思います。

終盤には主力も休ませられたし(トーレスは下がりたくなさそうでしたが)
何より、怪我を抱えたキャプテンをデイゲームの陽ざしに日向ぼっこさせ
たまんま大勝できたのは良かった。
いや~やっぱマスチェラーノがいるといないとでは全然違う!
そしてインスーアは相変わらず見ていて楽しいです。
アウレリオとリエラが自分のダメな日を自己申告してくれりゃ助かるん
ですがね(笑)
それが判れば、ベナユンとインスーアで先発させたいですよ。

快勝で気分のいいまま、すぐ後のマンUとサンダランドの試合も続けて
見ましたが・・・・・結果は1-2でマンUの勝ち・・・・・惜しかった。
しかも、またあのマケダとかいう若い選手にしてやられるとはね。
競っていたサンダランドがあんな小さな不運で負けたのは実に悔しかった!
マンガで言ったら、物語の終盤にポっと出てきた新キャラに思い入れのある
主人公をやっつけられるような気分ですよ?
あんな子(老けた17歳)が出てこなけりゃ、今頃マンUは4ポイント取りこぼして
リヴァプールが首位だったのかと思うと・・・・・・・ギリギリ(゚皿゚;)に、憎い

だけど、これで前向きな気分で火曜のスタンフォードブリッジに臨めます。
あの負け方は本当にショックだったけど、このままで終わるレッズじゃないよ!
イスタンブールの奇跡を再び!です。
週末の大一番、アーセナル戦を鑑みて、2軍で戦えという声もあるでしょうが、
ヒルズボロ・メモリアルの前日ですから、ジェラードが受け入れるとは思えない
でね。



ヒルズボロの悲劇

375.jpg
1989年4月15日、FA杯カップ準決勝リバプール対ノッティンガム・フォレスト
戦で起きたフットボール界最悪の事故。
会場となったシェフィールド・ウェンズデーのホームスタジアム、ヒルズボロで
96人が圧死、重軽傷者は200人以上に及んだ。



372.jpg
何度見てもゾっとする光景。


368.jpg
ここに映っている人たちは無事だったんだろうか。


374.jpg
10代の子供たちの羅列が痛々しい。



371.jpg
警備員の不注意と怠慢、そして人波を留められない立見席が
事故の原因となった。


369.jpg
プレミアリーグを初めて見たとき、スタンドとピッチの近さにとても感動した。
イングランド人とフットボールの素晴らしい関係の現れだと思っていたが
その背景にこんな痛ましい事件があったのに驚いた。


367.jpg
ショックでフットボールを辞めようとした選手たちもいたが、犠牲者96人
全ての葬儀に必ず選手の誰かが参列できるよう、選手とその家族で
遺族を支え、また遺族たちもクラブを支えた。

そして最年少の犠牲者である10歳の少年、ジョン・ポールは、当時8歳
だったジェラードの従兄弟だ。
家族、親戚みんながリヴァプールファンだった。
いまやレッズのキャプテン、生きた伝説になったジェラードは、だから決して
リヴァプールを離れない。

合掌。



スポンサーサイト
21 : 58 : 47 | 蹴球 | コメント(0) | page top↑
<<bottom 178 | ホーム | bottom 176>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。