FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
bottom 184
2009 / 04 / 30 ( Thu )

しょうさいは後日。
まだ22時なのに、眠い。寝ます。

スポンサーサイト
22 : 12 : 13 | 蹴球 | コメント(0) | page top↑
bottom 183
2009 / 04 / 26 ( Sun )
4/25 Liverpool 3-1 HullCity


100試合目、そして2ゴールおめでとうカイト!!


点差ほどには安心して見ていられる内容じゃなかったですね(-ω-)
最後まで保つの?!ってくらいハルは走りに走ってプレスをかけてきて
彼らにもっと個人の技術があれば、さらに失点しててもおかしくなかった。
インスーアはアウレリオと全く同じミスをして失点してしまうし・・・(怒)
教訓:他人の失敗も真摯に受け止めましょう。
ついボールを眼で追ってしまって見逃してしまうんですが、ルーカスは
守備では貢献してたんですかね。
ボールをもらいに来てバックパス、パスの出しどころを探しているうちに
ボールカットてなところしか覚えてない。
ジェラードの代わりにベナユンがトップ下、左はリエラかと思っていたので
よけい不満に思っちゃうのか・・・・。
スピーリングじゃダメなのかなあー。
もうハタチなんだし、彼をもっと使って将来に備えてほしいわ。

2-0で安心したはずが1点差に詰めよられて、またハラハラしましたが、
カイトが決めてくれて、無事3ポイント獲得。
ハー・・・・・・・・・・ドキドキさせやがって( つд゚;)
心配したとおり、トーレスが前線で孤立してしまい、彼には不満の残る
ゲームになっちゃいましたね。

ラファは「ナーバスになっているかもしれない」と言ってますが、終盤ギリギリ
まで優勝争いに絡むのは初めての経験ですからね。
確かにナーバスになっているんでしょう。
心理的な問題は難しそうですが、次のニューカッスル戦、キャプテンが喝を
入れて、シュッとしたレッズに戻してやってほしいです。
ま、なにはともあれ、勝てて良かった。


356.jpg
正座(ごめん笑)
アロンソのFKで一気に打開しました。
ひゅ~(^ω^)かっこえかったー!


355.jpg
前科者のマっさんは後ろ手で審判に抗議。
この顔ってば(´∀`;)



22 : 16 : 22 | 蹴球 | コメント(0) | page top↑
bottom 182
2009 / 04 / 25 ( Sat )
今夜はハル戦。キャプテンはまだ戻りません・・・。
前回はホームでドローに持ち込まれて危なかったですからねー。
当初の勢いが無いとは言っても、油断はできません。

先日、出張でさいたま市内某所に行ってきました。
大宮アルディージャのホームタウンなので、マンホールが
サッカーボールでした(´∀`)





359.jpg




358.jpg
そんでビックリしたんですが、4/5のフラム戦にリーアム・ニーソンが
リヴァプールの応援に来てたんですね。レッズファンだとは知らなかった!
後ろは息子さんたちかな?
先月、事故で奥様を亡くしたばかりですよね。
勝ち試合でしたから、気晴らしになってるといいな。




20 : 26 : 10 | 蹴球 | コメント(0) | page top↑
bottom 181
2009 / 04 / 22 ( Wed )
4/21 Liverpool 4-4 Arsenal

Torres 49,72 Benayoun 56,90  Arshavin 36,67,70,90

こんな劇的な試合なんか望んでなかったのよー・・・・。
つまらんと言われても、1-0でいいから堅実に、確実に勝って欲しかった。
CLもFAも無くなった今、危なげなく3ポイントを積み上げなくちゃいけない
んだから。

はー・・・早朝から絶叫してしまいましたよ。
攻撃陣は本当に素晴らしかった。
トーレス、ベナユン、カイト。
枠内シュートは14-4、CKは12-0と圧倒的にレッズが支配していたのに
そのたった4回のチャンスを全部アルシャビンにガツンと決められてしまった。
マっさん、アルベロア、アウレリオ、何だよあのミスは・・・・・・っ!!
悔しくて情けないわ本当に。

アルシャビンもすごかったが、ファビアンスキーもあたりまくってた。
「どうして入らないんだよー!?」って何回叫んだかわかんない。

思い付きをただ並べますが、トンネルでスタメン見たとき、インスーアじゃなくて
アウレリオだったのまず気に入らなかった。
彼がいたら負けなかったかと言えば、そんなの判らないけど、あの守備の軽さは
無かったと思う。
DFがミスして次々失点しても、そのたびに取り返してくれたトーレスとベナユンは
本当に素晴らしいよ。だからこそ勝つべきだった。

マンUが2試合引き分けてくれれば、得失点差で優勝の可能性がありましたが
これで、2敗もしくは3分を期待しなくちゃいけなくなった。厳しい・・・。
今夜のスパーズ戦がどうなるか、ああ怖い。
クラウチ頼む、古巣の為にやっちゃってくれー!ロボットダンス炸裂してくれー!!
(つうか、今日チェルシーが勝てば背後で1P差ではないか・・・・・ゾゾー)

それにしても層が薄いわな・・・。
判っちゃいたけど、今朝ほど思ったことはない。
ガナーズがウォルコットを秘蔵していたのに対して、こちらはバベルとエルザハル。
あの難しい時間帯に何かしてくれそうな気配は全くなし。
キャプテン、早よ帰ってきてくれ(;△;)

361.jpg
報われてほしい。



21 : 18 : 43 | 蹴球 | コメント(0) | page top↑
bottom 180
2009 / 04 / 20 ( Mon )
おや、更新しないまま1週間近く経ってしまいました(´ω`)
チェルシー戦で消耗しすぎて・・・・ってわけでもないんですが
ちょっとダウン気味。

フットボール関連の番組では、先日の試合の模様がくりかえし
放映され、歴史に残る激戦、感動的なゲームと評されております。
ていうか私いまも考えただけで涙が出てくるんですが
どちらかが必ず負けるとはいえ、あんな素晴らしいプレーを見せてくれた
レッズがCLを敗退してしまって、本当に残念です。
4強のうちマンU、チェルシー、アーセナルがCL、FAカップ両タイトルの
可能性を残すなか、レッズだけが取り残されたかたちになり、寂しくもある。
(その後、FAカップ準決勝ではアーセナルがチェルシーに、2軍マンUが
エヴァートンに負けて敗退)

一番堪えたのは、ジェラードの怪我の悪化ですね・・・・。
得点王も狙えたのに、このあと2戦を欠場するそうです。
彼なしでもチェルシー戦をあれだけやってくれたので、きっと大丈夫だとは
思うんですが、ジェラードの為を思えば、この大事な時に出られないのは
気の毒です。

そして最近話題になっているガム親父の発言!
プレミア名物の舌戦なんていいますが、やってんのはアンタだけだよ・・・。
アラダイスやモイーズまで何で言わされてんのさ。
聞いてるこっちが呆れるわ。
こうなったらあの爺さんの泣きっ面を何としてでも拝んでやりたくなってきた!
引退までの3シーズン、もう一つたりともマンUに優勝カップを持たせたくない(゚皿゚;)
これでアーセナルに負けたら、ヤツの思うつぼです。
3強との試合を残し、優勝争いのカギを握るガナーズと真っ先に当たるのが
リヴァプール。
このプレッシャーを闘志に変えて、明日は絶対に勝ってくれー!!


22 : 51 : 00 | 蹴球 | コメント(0) | page top↑
bottom 179
2009 / 04 / 15 ( Wed )
4/14 Chelsea 4-4 Liverpool -UCL Quarter Final 2leg

CL敗退はほぼ確実、ジェラードの欠場、アウエーゲームと、もう逆境
すぎて、攻めるしか道はなかったリヴァプールでしたが・・・・・・・・・

すごい!もう本当にすごかった!!
(ああ・・・こんな表現しかできない自分が情けない)
なんと前半を2点リードで折り返したのはレッズです!
それだけでも信じられない展開でした。
アウレリオのFKは神懸かりだったし、アロンソのPKはイスタンブールの
再現のようで鳥肌立ちまくりでした。

362.jpg

「If there's someone who can do it, it's going to be Liverpool.」
とレイナがゲーム前に語った通り、ホームの1-3をアウエーでひっくり返せるのは
リヴァプールだけだ!とわたしも胴が震えました。

しかしチェルシーの監督がヒディンクである限り、ハーフタイムを終えて
ドレッシングルームから戻ってくるのが、不調のままのチェルシーである
はずがないとは思ってました。
いったいどういうマジックなのか予想もつきませんが、あのオランダ人は
15分間でチームを蘇らせてしまうんですよ!何言ってんのか現場を見てーよ!

2-0から2-1へ追いつかれた時は「まだ行ける!」と思った。でも、
アレックスのFKで2-2になったとき、それに続けてランパードが決めて
2-3になったときはもう体温まで下がりました。
その時すでに76分だったんですから!
ラファもすでにあきらめていたのか、本調子でなかったトーレスをさげました。
ここでもう終戦の気分が漂ったはずです。

ものすごい試合ではあったけど、確かに両者ともミスが多かった。
パスミスも多かったし、なぜアウレリオがランパードをフリーにしてるのか
さっぱり理解できなかったし、言いだせばキリがないんだけど、ある意味、
正気を失っている部分があるんでしょう。
そうでなければこんな絶望的とも思える状況をひっくり返せるはずがない。




そうとも!
そうでなければ81分にルーカス、83分にカイトとたった2分間でゴールが
2つも生まれるか!?生まれないっすよ、普通ぜったい!!
ここでスコアは3-4ですよ!レッズの逆転!
もうTV画面を間近で見ていられなくて部屋をうろうろしてた私は絶望と希望の
カットバックに頭がおかしくなりそうでした。
なんてすごいチームなんだリヴァプール・・・・。


しかし89分、この壮絶なゲームにランパードの同点ゴールが終止符を打つ。
このとき、レッズが希望のふちから突き落とされた瞬間だったというのに、
ここでゴールを決めてみせたランパードに私はものすごく感動してしまった。
感動してしまった自分にも感動してしまいました(もう何言ってんだか)。
ああ、素晴らしい・・・・・・・・・と、胸が締め付けられましたよマジで。
すごいヤツだ、ランパード。

363.jpg


364.jpg


チェルシーはテリーが、リヴァプールはジェラードと両キャプテンが出場
できずに、スタンドから観戦していました。
ふたりともどれだけ気を揉んだでしょうね。

4-4、トータルスコアでは7-5。
これでリヴァプールにとってCLは消えた。
残るはリーグ戦のみ。
チェルシーはセミファイナルでバルサとぶつかります。
もう一方の2チームは、今夜のマンUvsポルト、ビジャレアルvsアーセナル
で決まります。
また今年もイングランド勢同士がぶつかる決勝になるのかどうか。
つまらないとは思いますが、希望としてはマンUvsアーセナルで準決勝、
そして決勝はそのどちらかとチェルシーが当たって、消耗してくれれば・・・。
CL優勝はチェルシーにとっての悲願ですから、ぜひ果たしてほしいです。


22 : 21 : 52 | 蹴球 | コメント(0) | page top↑
bottom 178
2009 / 04 / 14 ( Tue )
今夜はスタンフォードブリッジに乗り込んでチェルシーとの
CL準々決勝、2leg。

いやーなんとも・・・・不思議な気分です。
大一番前というのは、いつも朝起きた時から緊張で胃が痛くなる
んですが、こんなサバサバした爽快な気分は初めてです。
胸が高鳴るとはこのことだ・・・・(*'ω')

ホームで1-3という記録的な大敗を喫したリヴァプールですが、
直後のブラックバーン戦ではしっかりと好調を取り戻しました。
敗北のあとに自分達が何者であるかを自力で取り戻してみせた
選手たちは本当に頼もしかった。
改めて、いいチームだな~と惚れ直しましたよ。

SBで3-0以上を叩きだすのが困難なのは誰もが知っているし、
ラファも言うとおり「失うものは何も無い」わけですから、捨て身の
プレーを見せてほしいです。
1-0でCL敗退でも構いません。
とにかく勝利を!!



そういやロンドン旅行の写真をまだ一枚も紹介してないですね。
そのうち、旅の記録として貼りたいです。
これはSBのスタジアムツアーに参加した時の写真。
ここで4年以上続いたホーム無敗記録を止めたのはレッズ!
今夜もまたリヴァプールにしかできない「奇跡」を夢見て・・・・
仮眠に入りまーす!


21 : 22 : 30 | 蹴球 | コメント(0) | page top↑
bottom 177
2009 / 04 / 13 ( Mon )
4/11 Liverpool 4-0 Blackburn

377.jpg

先日の悪夢をキレイに振り払う、誰もが見たかったゲームに
なりました!
ホームで1-3の大敗に加えて、ジェラードの負傷という障害が
またも立ちはだかって、これが最後の壁であって欲しいと本当に
思います。



376.jpg
1点目、ものすごいスーパーなゴールでした!
開始4分、あんなシュートが出るとは・・・やっぱスゴイわ、トーレス。
ヒルズボロの犠牲者に捧げてくれてましたね。

2点目が入ってもまだまだ納得できなかったので(現地ファンも
そう思ってるのがよく伝わってきて、こういう気分のシンクロはいつも
面白く思う)、後半に3点目が決まったときはようやくホッとしました。
でもまさかアッガーのミドルになるとは!
ベンチを強いられている鬱屈や契約延長の不安に対する、強烈な
アピールになったと思います。

終盤には主力も休ませられたし(トーレスは下がりたくなさそうでしたが)
何より、怪我を抱えたキャプテンをデイゲームの陽ざしに日向ぼっこさせ
たまんま大勝できたのは良かった。
いや~やっぱマスチェラーノがいるといないとでは全然違う!
そしてインスーアは相変わらず見ていて楽しいです。
アウレリオとリエラが自分のダメな日を自己申告してくれりゃ助かるん
ですがね(笑)
それが判れば、ベナユンとインスーアで先発させたいですよ。

快勝で気分のいいまま、すぐ後のマンUとサンダランドの試合も続けて
見ましたが・・・・・結果は1-2でマンUの勝ち・・・・・惜しかった。
しかも、またあのマケダとかいう若い選手にしてやられるとはね。
競っていたサンダランドがあんな小さな不運で負けたのは実に悔しかった!
マンガで言ったら、物語の終盤にポっと出てきた新キャラに思い入れのある
主人公をやっつけられるような気分ですよ?
あんな子(老けた17歳)が出てこなけりゃ、今頃マンUは4ポイント取りこぼして
リヴァプールが首位だったのかと思うと・・・・・・・ギリギリ(゚皿゚;)に、憎い

だけど、これで前向きな気分で火曜のスタンフォードブリッジに臨めます。
あの負け方は本当にショックだったけど、このままで終わるレッズじゃないよ!
イスタンブールの奇跡を再び!です。
週末の大一番、アーセナル戦を鑑みて、2軍で戦えという声もあるでしょうが、
ヒルズボロ・メモリアルの前日ですから、ジェラードが受け入れるとは思えない
でね。



ヒルズボロの悲劇

375.jpg
1989年4月15日、FA杯カップ準決勝リバプール対ノッティンガム・フォレスト
戦で起きたフットボール界最悪の事故。
会場となったシェフィールド・ウェンズデーのホームスタジアム、ヒルズボロで
96人が圧死、重軽傷者は200人以上に及んだ。



372.jpg
何度見てもゾっとする光景。


368.jpg
ここに映っている人たちは無事だったんだろうか。


374.jpg
10代の子供たちの羅列が痛々しい。



371.jpg
警備員の不注意と怠慢、そして人波を留められない立見席が
事故の原因となった。


369.jpg
プレミアリーグを初めて見たとき、スタンドとピッチの近さにとても感動した。
イングランド人とフットボールの素晴らしい関係の現れだと思っていたが
その背景にこんな痛ましい事件があったのに驚いた。


367.jpg
ショックでフットボールを辞めようとした選手たちもいたが、犠牲者96人
全ての葬儀に必ず選手の誰かが参列できるよう、選手とその家族で
遺族を支え、また遺族たちもクラブを支えた。

そして最年少の犠牲者である10歳の少年、ジョン・ポールは、当時8歳
だったジェラードの従兄弟だ。
家族、親戚みんながリヴァプールファンだった。
いまやレッズのキャプテン、生きた伝説になったジェラードは、だから決して
リヴァプールを離れない。

合掌。



21 : 58 : 47 | 蹴球 | コメント(0) | page top↑
bottom 176
2009 / 04 / 11 ( Sat )


私自身はあまり植物を買わないのですが、いい天気が続くので
春気分をさらに味わおうと、先週「花ほたる」という花を買いました。
一鉢¥298也。アフリカ原産の一年草との事。
家じゅうの鉢をすべて新しい土に植え替える時期だったので、ついでに
この花もやってもらいました。
うーん、かーいらしいのう(*´ω`*)


378.jpg
小さなツブツブがいっぱい。
今はツボミも開いて、倍くらい花を咲かせています。

今夜の試合も花開きますよーに・・・(-人-)

18 : 31 : 06 | つぶ焼き | コメント(0) | page top↑
bottom 175
2009 / 04 / 09 ( Thu )
4/9  Liverpool 1-3 Chelsea UCL-Quarter Final 1leg

確かに何が起こるかわからないわな・・・。
浮かれた気持に大鉄鎚がくだった。
アンフィールドでまさかの大敗!
出来に波のある左サイドのアウレリオとリエラが二人そろって
悪い方が顔を出してた。
そして、カード累積で出停のマスチェラーノの代役を務められなかった
ルーカス。
目立つ原因はこの2点ですかね。
結局アロンソの負担が大きくなって、中盤がもろくなり、その分バックスの
手が回りきらずにバタバタしているとことをチェルシーにす速く寄せられてしま
ったということか。
マっさんの出停が痛いのは分かっていたから、他でカバーしてほしかったのに
左サイドまで機能しなかったのには残念です。
これならベナユンを先発させてほしかった。

自他ともに認める戦略家のラファがヒディンクにしてやられたこの試合。
トーレスとドログバが点を取り合っての1-1なら納得がいきますが、
CKで立て続けに同じ選手に決められたっていうのがねえ・・・・致命的だよ。
1,2月のドローの山に懲りて改善されてたんじゃないのか。
マンマークやらゾーンディフェンスやら、素人の私にはわからないので
解説を待ちますが、どう見てもガラ空きだったべさ・・・・。

04-05の優勝以来、CLに関してはリヴァプール程の戦績を残している
クラブはヨーロッパのどこにも無い。
今季はプレミアとCLという初の二兎追っかけとなったのも敗戦の原因に
なっているかもしれませんね。
選手の目の前にも「プレミア優先」がチラついていたかもね。


380.jpg

スタンフォードブリッジでの2legはどういうメンバーで臨んでくるんだろう。
いくら今季ダブルを達成しているからと言って、アウエーで3点以上の完封は
ハードルが高すぎる。
それでも、1-3の状態でYou'll Never Walk Aloneを歌ってくれた(ホント
感服するわ・・・)サポーターの為にも希望の持てる内容にして欲しいです。

今日は一日中落ち込んで、目線が下がりっぱなし。
明日は6年ぶりにカラオケに行く予定でしたが、断っちゃった・・・。
あー、久々の負けだ!完敗!
チェルシーお見事でした!





21 : 18 : 53 | 蹴球 | コメント(0) | page top↑
bottom 174
2009 / 04 / 05 ( Sun )
4/4 Fulham 0-1 Liverpool

レッズが絶好調だというのに、インターナショナルマッチで2週間も
リーグ戦の間が空けられるという、ギックリ腰並みの折られようでした。
選手にとても気分も変わるし、何より疲労と怪我という要らないお土産を
持って帰ってくる危険性があるわけで・・・。
主力がなんとか無傷で帰還したのは幸いでした。

しかし相手は4強にメッポー強い、フラムです。
前節マンUを完封し、援護してくれたチームが今度はリヴァプールの
立ちはだかるという、仕組んだかのような展開。

代表戦明けで疲労が溜まっているだろうと心配してましたが、試合は
開始すぐに全力での鬼プレスで始まりました。
しかもドッセーナが左ウィングにスタメン起用だ!!
SBは予想どおりインスーア。
勝ち点3を取る気満々な布陣。

しかし攻撃的に攻め、シュートを何本となく放っても全てバー&ポール
そしてシュウォーツァーの神セーブに阻まれ、得点ならず。
攻めても一向に点が入らない、という何度も見たことのあるイヤ~な展開に
不吉な気分になりました・・・・・ああ苦しい。久々の呼吸困難だ・・・。
フラムは点を取ることをあきらめ、ドロー狙いの守備固めに入ります。
格下相手の試合はすべてこの展開で、これを崩して点を取れるか取れないかが
マンU(またはチェルシー)とリヴァプールの差でした。

優勝するチームというのは「弱い相手に必ず勝つチーム」だという事をプレミア
を見ていて、私もイヤってほど判りました。
それがいわゆる「勝利者のメンタリティー」ってヤツでもあるのでしょう。
リヴァプールではそれが「分かっているけど出来ない」と何となく選手もサポーターも
受け入れてしまっていて、どこか諦めていた感じがありました。
「強敵を相手に劇的な勝利をおさめる」という魅力があるんだから、それでいい、と。
しかしレアル戦以降、もうその壁を乗り越える時期がやって来たんですよ!
昨夜の試合では選手からも、クレイヴン・コテージに駆け付けたKOP達からもその
気合いがヒシヒシ感じられて、これまでのリーグ戦とは違う重みで私までつぶされ
そうになってしまいました。

フラムの固い守備がまったくほころびを見せないまま、90分経過。
私と世界中のレッズ・ファンのハートが引き裂かれそうになったロスタイム、




ヨッシ・ベナユンGOAL!!!


イスラエル代表のキャプテンとして、ケガを押してギリシャ戦に出場し、
再負傷。今日はベンチスタートで途中出場したヨッシーがやりましたよ!!
うおおおおおぉぉぉ(;゚Д゚) すごいすごいよもう!
まっすぐ交替したカイトのところに駆け寄って、全員で抱擁の嵐。
ドッセーナさんはシンガード握りしめたまま飛び出してきた(笑)
決勝戦なみの喜びように、皆がこの試合に賭けた気合いが見えました。
私もティッシュで涙をフキフキしながら大興奮しましたー。
(真夜中なので、大声は出せないのだ・・・。´Д⊂)
クレイヴン・コテージには確かに4強キラーの魔力があった。
でもレッズの実力と勝利に対する執念がそれに勝った、そんな夜でした。


381.jpg

暫定だけど、とうとう首位に返り咲いた!
今夜のマンUvsアストン・ヴィラ戦の結果でまた変わるかもしれません。
マンUはルーニー、スコールズ、ヴィディッチ、ベルバトフが欠場。
それでも全然人不足にはならないところがマンUの豪華さですが。
前節レッズに5-0でコテンパンにされて不調のヴィラですが、OTで何とか
ドローに持ち込んでください!!

19 : 33 : 42 | 蹴球 | コメント(0) | page top↑
bottom 173
2009 / 04 / 04 ( Sat )
ちょっとネット離れしておりました。
気候の変わり目とあって、体調管理が難しくなっております。
なんだか頭がぼうっとする感じで、これが春なのかね・・・・(´・ω・)


今日は土を買いにホームセンターに出かけ、ついでに道すがら
神社で花見をしました。


384.jpg
どこもかしこも箒の目が付いていて、いかにも清浄です。
誰もいない境内で満開の桜が美しい~・・・。



*びっくし*

383.jpg
ひさびさのツーショにしみじみしちゃったよ。
40を超えたばかりだった二人も、はや50かあ・・・・。
美中年>美青年>美老人>美少年というプライオリティで生きてる
私には問題なしですが。





18 : 39 : 33 | つぶ焼き | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。